0.1up projectでは厚塗りでのイラスト制作を行っております。
技術向上の為に得た情報やそこからの実践結果を共有したいと思います。

厚塗りイラストの描き方

魚のウロコの描き方

魚のウロコの描き方の研究

「ピラニア」で魚のウロコを課題として製作を行いました。 ここではその製作内で得た魚のウロコの描き方のポイントを整理し、共 ...
続きを読む
気泡の描き方

気泡の描き方の研究

水中を表現する要素の一つとして気泡の描画があります。 大きさの異なる気泡を描くことで、よりリアリティが出ます。ただ、大き ...
続きを読む
水底の光の描き方

水底の光の描き方の研究

水底に映る光は イラストの制作で水底に映る光を描き入れたかったので、今回はそのための研究です。 ネットで描き方の参考を探 ...
続きを読む
【厚塗り】帯のように漂う煙の描き方

帯の様に漂う煙の描き方の研究

【厚塗り】帯のように漂う煙の描き方 一言で煙と言っても、その表情にはいくつもの種類があります。 室内に立ち込めた煙。焚き ...
続きを読む
イラストを描くとき「アイデアが出なくて辛い…」なら組み上げてみては?という提案

イラストを描くとき「アイデアが出なくて辛い…」なら、出すのではなく組み上げてみては?という提案

厚塗りでイラスト制作し始めた頃、制作のヒントにしたいとイラストレーターの方のインタビュー記事を拝見していました。イラスト ...
続きを読む
Loading...

イラストの描き方・参考書籍

その余白の意味は?キャラクタが動くのは「可能性空間」と「予想」の中

イラストを通してキャラクターの意図をつたえるための「可能性空間」とは?

今回は斉藤むねおさんの『誰でもかんたん!!構図が分かる本』を拝読しました。 以前に読んだ『イラスト構図の考え方』で構図は ...
続きを読む
ec_wp_seo_bookreview-tominoyosiyuki-eizou-no-gennsokujpg

人は画面や絵を見た時の印象を、心臓の位置から感じている

今回は富野由悠季さんの『映像の原則』を拝読しました。 富野由悠季さんは「鉄腕アトム」や「機動戦士ガンダム」など数々のアニ ...
続きを読む

「イラスト構図の考え方」から学ぶ構図は効果と印象に合わせて選ぶこと

今回は榎本 秋さん/鳥居 彩音さんの『イラスト構図の考え方』を拝読しました。 著者の榎本 秋さんはアミューズメントメディ ...
続きを読む
wp_seo_bookreview-bigakukann-dessinschool-hikakudewakaru-syosinnsya-dessin-textbook

「比較でわかる初心者デッサンの教科書」より早く”らしさ”を描くセオリーを学ぶ

今回は美学館デッサンスクールの「比較でわかる初心者デッサンの教科書」を拝読しました。 リアリティのあるイラストを描くヒン ...
続きを読む
『エンジニアのための理論でわかるデザイン入門』から実践的なデザインの考え方を学ぶ

『エンジニアのための理論でわかるデザイン入門』から実践的なデザインの考え方を学ぶ

今回は伊藤 博臣さんの「エンジニアのための理論でわかるデザイン入門」を拝読しました。 本書は仕事の中でデザインの知識を求 ...
続きを読む
Loading...

構図:要素と余白の関係性(障害物との位置関係)

動きと視線を持つ要素は、視線の先に余白があるとそこに向かうよう印象になります。一般的に余白は何もない場所を指しますが、画面上の大きな単一の要素も余白として働くことがあります。今回は壁を題材にその余白としての印象を見ていきましょう。

構図:要素と余白の関係性(目的地を目指す)

動きと視線を持つ要素は、視線の先に余白があるとそこに向かうよう印象になります。一般的に余白は何もない場所を指しますが、空や地面などが開けた状態であればそこも余白になります。今回はそんな余白(目的地)と要素の位置関係から受ける印象の違いを見てみましょう。

構図:対峙の関係での印象(上下左右を組み合わせた印象)

上下左右の基本的な流れはそれぞれ単独ではなく、組み合わさって働いている場合が多くあります。今回は基本は左右の配置となる対峙の関係の印象に、上下の配置を組み合わせた場合の印象の変化を見ていきましょう。対峙は対立の関係に含まれる関係ですが、要素の立ち位置がより直接的な構図になります。

構図:対立の関係での印象(上下左右を組み合わせた印象)

上下左右の基本的な流れはそれぞれ単独ではなく、組み合わさって働いている場合が多くあります。今回は基本は左右の配置となる対立の関係の印象に、上下の配置を組み合わせた場合の印象の変化を見ていきましょう。