0.1up projectでは厚塗りでのイラスト制作を行っております。
技術向上の為に得た情報やそこからの実践結果を共有したいと思います。

厚塗りイラストの描き方

ラフはどこまで描くべきか?

ラフはどこまで描くべきか?

「和の邪竜」では時間がかかった割に手ごたえを得ることができませんでした。特に描き込みでの集中力が低下してしまい「自分は描 ...
続きを読む
魚のウロコの描き方

魚のウロコの描き方の研究

「ピラニア」で魚のウロコを課題として製作を行いました。 ここではその製作内で得た魚のウロコの描き方のポイントを整理し、共 ...
続きを読む
気泡の描き方

気泡の描き方の研究

水中を表現する要素の一つとして気泡の描画があります。 大きさの異なる気泡を描くことで、よりリアリティが出ます。ただ、大き ...
続きを読む
水底の光の描き方

水底の光の描き方の研究

水底に映る光は イラストの制作で水底に映る光を描き入れたかったので、今回はそのための研究です。 ネットで描き方の参考を探 ...
続きを読む
【厚塗り】帯のように漂う煙の描き方

帯の様に漂う煙の描き方の研究

【厚塗り】帯のように漂う煙の描き方 一言で煙と言っても、その表情にはいくつもの種類があります。 室内に立ち込めた煙。焚き ...
続きを読む
Loading...

イラストの描き方・参考書籍

『メイクで女の子キャラをかき分けるテクニック』からメイクをイラストに応用する基本を学ぶ

『メイクで女の子キャラをかき分けるテクニック』からメイクをイラストに応用する基本を学ぶ

今回は姐側さんの『メイクで女の子キャラをかき分けるテクニック』を拝読しました。 「ピラニア」を制作する中で、顔の印象の調 ...
続きを読む
『構図がわかれば絵画がわかる』から配置バランスの天秤の支柱を学ぶ

『構図がわかれば絵画がわかる』から配置バランスの天秤の支柱を学ぶ

今回は布施 英利さんの『構図が分かれば絵画が分かる』を拝読しました。 著者の布施 英利さんは美術学者で、美術解剖学を専門 ...
続きを読む
『色塗りチュートリアル』から効率的なレイヤー調整と効果の使い方を学ぶ

『色塗りチュートリアル』から効率的なレイヤー調整と効果の使い方を学ぶ

今回はパク・リノさんの『色塗りチュートリアル』を拝読しました。 詳細情報がないのですが、名前の響きから韓国の方かなと思い ...
続きを読む
その余白の意味は?キャラクタが動くのは「可能性空間」と「予想」の中

イラストを通してキャラクターの意図をつたえるための「可能性空間」とは?

今回は斉藤むねおさんの『誰でもかんたん!!構図が分かる本』を拝読しました。 以前に読んだ『イラスト構図の考え方』で構図は ...
続きを読む
ec_wp_seo_bookreview-tominoyosiyuki-eizou-no-gennsokujpg

人は画面や絵を見た時の印象を、心臓の位置から感じている

今回は富野由悠季さんの『映像の原則』を拝読しました。 富野由悠季さんは「鉄腕アトム」や「機動戦士ガンダム」など数々のアニ ...
続きを読む
Loading...

『メイクで女の子キャラをかき分けるテクニック』からメイクをイラストに応用する基本を学ぶ

以前からメイクについて基礎知識を入れたほうがよいかと思っていました。そんな折、書店で今姐側さんの『メイクで女の子キャラをかき分けるテクニック』を手に取りました。イラストに反映するならイラストとして情報が整理されていたほうが、入門としてはわかりやすいかと思い読んでみました。

『構図がわかれば絵画がわかる』から配置バランスの天秤の支柱を学ぶ

構図の基礎に縦と横の印象があります。目にする機会、文字として触れる機会も多くどことなく当たり前と思っていました。本書ではそのうち縦の概念である垂直線の意味合いを知ることができました。画面上でバランスをとるとき、目立つ垂直線が支柱となる。この考え方を得られたのが本書のでの収穫ですね。

構図:要素と余白の関係性(過去)

一般的に余白は何もない場所や空間を指しますが、時間や心理状態を暗示するためにも使うことができます。今回は視線を持つ要素と余白のセオリーから外れた、過去を暗示する余白の使い方を見ていきましょう。

ラフはどこまで描くべきか?

ラフはどこまで描くべきか?そもそも必要なのか?そんな疑問を見かけることがあります。私も何とはなしに「自分が納得できるまで」と思っていたのですが、手ごたえのあった制作とそうでないものを比べてみると、明確な差がありました。結論から言えば「完成形イメージが見えるまで」です。

『色塗りチュートリアル』から効率的なレイヤー調整と効果の使い方を学ぶ

アニメ的なデフォルメに加えて立体感のあるイラスト。韓国の方に多いイメージがありますね。立体を作る基本である光と色の関係をイラスト中心に学べる本です。効率化の点で調整レイヤーとレイヤー効果を使っての補助光を作るテクニックはとても参考になりました。解説はPhotoshopですがほかのツールにも流用可能な内容だと思います。

構図:要素と余白の関係性(未来)

一般的に余白は何もない場所や空間を指しますが、時間や心理状態を暗示するためにも使うことができます。今回は視線を持つ要素と余白のセオリーから始め、余白がどのように心理状態を示すかを見ていきましょう。

構図:要素と余白の関係性(障害物との位置関係)

動きと視線を持つ要素は、視線の先に余白があるとそこに向かうよう印象になります。一般的に余白は何もない場所を指しますが、画面上の大きな単一の要素も余白として働くことがあります。今回は壁を題材にその余白としての印象を見ていきましょう。