0.1up projectでは厚塗りでのイラスト制作を行っております。
技術向上の為に得た情報やそこからの実践結果を共有したいと思います。

厚塗りイラストの描き方

【厚塗り】帯のように漂う煙の描き方

帯の様に漂う煙の描き方

【厚塗り】帯のように漂う煙の描き方 一言で煙と言っても、その表情にはいくつもの種類があります。 室内に立ち込めた煙。焚き ...
続きを読む
イラストを描くとき「アイデアが出なくて辛い…」なら組み上げてみては?という提案

イラストを描くとき「アイデアが出なくて辛い…」なら、出すのではなく組み上げてみては?という提案

厚塗りでイラスト制作し始めた頃、制作のヒントにしたいとイラストレーターの方のインタビュー記事を拝見していました。イラスト ...
続きを読む
翼の描き方/構造を理解してイラストのリアリティを上げよう

翼の描き方/構造を理解してイラストのリアリティを上げよう

ファンタジーの世界観でキャラクターを作るとき、翼は魅力的な要素の一つと考えています。天使や精霊だけではなく、モンスターに ...
続きを読む
Photoshopで、窓につく大量の水滴を作る

Photoshopで窓につく大量の水滴をできるだけ手軽に作りたい

今回は、「長雨」で設定した「窓についた大量の雨粒の作り方」をまとめたいと思います。 今回の作り方は、中景の画面か、近景の ...
続きを読む
wp_seo_drawing

厚塗りで光と影を描く際の色の選び方

この記事では厚塗りでの色の選び方についてまとめます。 魅力的なイラストを観ていると、光があたる部分、影に入る部分で、使わ ...
続きを読む

イラストの描き方・参考書籍

「イラスト構図の考え方」から学ぶ構図は効果と印象に合わせて選ぶこと

今回は榎本 秋さん/鳥居 彩音さんの『イラスト構図の考え方』を拝読しました。 著者の榎本 秋さんはアミューズメントメディ ...
続きを読む
wp_seo_bookreview-bigakukann-dessinschool-hikakudewakaru-syosinnsya-dessin-textbook

「比較でわかる初心者デッサンの教科書」より早く”らしさ”を描くセオリーを学ぶ

今回は美学館デッサンスクールの「比較でわかる初心者デッサンの教科書」を拝読しました。 リアリティのあるイラストを描くヒン ...
続きを読む
『エンジニアのための理論でわかるデザイン入門』から実践的なデザインの考え方を学ぶ

『エンジニアのための理論でわかるデザイン入門』から実践的なデザインの考え方を学ぶ

今回は伊藤 博臣さんの「エンジニアのための理論でわかるデザイン入門」を拝読しました。 本書は仕事の中でデザインの知識を求 ...
続きを読む
wp_seo_bookreview

「入稿データのつくりかた」で印刷物制作の基本を学ぶ

今回は、井上のきあさんの「入稿データのつくりかた」を拝読しました。 デジタルで原稿を作り印刷物を制作する際に、プロは何を ...
続きを読む
wp_seo_bookreview

「アジアンファンタジーな女の子のキャラクターデザインブック」から民族衣装の情報をシンプルに整理する例えを学ぶ

今回は、紅木春さんの「アジアンファンタジーな女の子のキャラクターデザインブック」を拝読しました。 本書の源泉となっている ...
続きを読む

「イラスト構図の考え方」から学ぶ構図は効果と印象に合わせて選ぶこと

構図は考えるもの。なんとなくそう思っていたのですがどうも違うようです。そもそも構図は過去に実践された数々の写真や絵画から良い画面づくりのパターンを抽出したエッセンスです。それは自分で考えるというよりも、得られる効果や印象を一緒に覚えて求めるものを当てはめると考えたほうが良さそうです。

『エンジニアのための理論でわかるデザイン入門』から実践的なデザインの考え方を学ぶ

デザインの色彩については色彩検定のテキストなどで一通りの知識を入れていたのですが、知識と実践が紐付いていませんでした。本書ではユーザインタフェース制作とデザインの基礎を紐付けながら読んでいくことができます。自分の経験に近い部分からなら新しい知識も根を下ろし易いと感じました。エンジニアの方だけではなく、UIを制作したことのある方には読みやすい本だと思います。

帯の様に漂う煙の描き方

今回は厚塗りでの帯のように漂う煙の描き方です。
写真で見ると帯のように漂う煙はかなり複雑に見えますよね。この複雑さは透明度の高いブラシを重ねることでできる偶然性から作ります。また、あたりの段階ではくっきりとしたブラシで帯の縁の目立つラインを検討しておくことで、より煙らしさを作ることができます。

「比較でわかる初心者デッサンの教科書」より早く”らしさ”を描くセオリーを学ぶ

本書の冒頭を読んで「描くことはデッサンのはじめの一歩ではない」と一文が琴線に触れました。静物を描くことのセオリーが書かれています。習ったことがある人からすれば基本なのでしょうが、5年前に出会っておきたかったと思いました。我流で描いてみて「なにか違う」と画面をこねている時間を大幅に減らせそうです。

イラストを描くとき「アイデアが出なくて辛い…」なら、出すのではなく組み上げてみては?という提案

イラストを描こうとペンを持っても「アイデアが浮かばない…!」ということはありますよね。アイデアが出てくるまで待つのも一つの手ですが、もっと積極的に組み上げるというのも一案じゃないかと思います。今回は日課としているアイデアの組み上げ方をまとめます。アイデア出しやら不制作が辛いというのが少しでも減れば幸いです。

翼の描き方/構造を理解してイラストのリアリティを上げよう

ファンタジーキャラクターを作るとき、翼は魅力的な要素です。ここまでは頭の中のイメージを軸に翼を描き、改善してきましたが限界を感じました。本記事では資料を参考にしながら翼の構造を理解し、リアリティを加味する方向で翼の描き方を改めて整理していきたいと思います。

差し込み印刷を利用して展示準備を効率化しよう

プライベートでは印刷物を作ることは少なくなりましたが、仕事ではその機会が意外とまだあるように思います。「同じ内容を複数の書式で印刷したいとき」+「この書式をこの先何度か使う予定があるとき」ここに当てはまる状況であれば、Word + Excelでの差し込み印刷が便利です。今回は出展作品につけるキャプションを例に手順を共有したいと思います。

商用利用可能な写真サイト「unsplash.com」への登録からダウンロードまでの話

商用利用可能な写真素材サイト「unsplash.com」。ダウンロード自体はユーザー登録は必要ないのですが、登録をするとサイト内で素材をストックしておける「コレクション」機能を使うことができます。良い機能だと思いますので、登録からダウンロード、コレクションまでの風景をまとめました。