0.1up projectでは厚塗りでのイラスト制作を行っております。
技術向上の為に得た情報やそこからの実践結果を共有したいと思います。

厚塗りイラストの描き方

透過光の描き方

透過光の描き方

透過光を描けるようになると、表現の幅が広がります。ここでいう透過光は、素材が半透明ということではなく、布や葉っぱなどを、 ...
続きを読む
火の描き方

火の描き方

炎というよりは、ちろちろと燃える小さな火の描き方です。派手さはありませんが、ちょっとしたアクセントに使えて便利です。 火 ...
続きを読む
翼の描き方

翼の描き方

モチーフとして天使が好きなので、取り組む機会が多いモチーフです。個人的には単純に描くことが楽しいですね。 今回は構造的な ...
続きを読む

イラストの描き方・参考書籍

wp_seo_bookreview

「スケッチ感覚でパースが描ける本」は段階を踏んでパースの理解を助けてくれます

今回は中山繁信さんの「スケッチ感覚でパースが描ける本」を拝読しました。 本書は大学の建築科の学生向けに書かれた本です。図 ...
続きを読む
wp_seo_bookreview

「イラストで食う技術」から模写の反省点と個性のよりどころを学ぶ

今回はニリツさんの「イラストで食う技術」を拝読しました。 以前にソサエティ5.0について書いたのですが、その直後にAma ...
続きを読む
wp_seo_bookreview

「”主線なし”イラストの描き方」からコントラスト設計の重要性を学ぶ

今回はア・メリカさんの「“主線なし”イラストの描き方」を拝読しました。 日本では線画を軸にしたイラストが主流となります。 ...
続きを読む
wp_seo_bookreview

「写真で作る風景イラスト」から写真との違いやイラストらしさを学ぶ

今回はさけハラスさんの「写真で作る風景イラスト」を拝読しました。 本書は写真を加工して背景イラストを作る方法を提案してい ...
続きを読む

「”主線なし”イラストの描き方」からコントラスト設計の重要性を学ぶ

イラストの方向としてはデフォルメが強く、絵本のような雰囲気のイラストです。主線に頼らないという点は同じなので、向上のヒントを求めて読んでみました。一番勉強になったのはコントラストの設計についての考え方です。「線がない」からこそもっと意識して設計できるようになりたいですね。

「イラストで食う技術」から模写の反省点と個性のよりどころを学ぶ

制作にデッサンドールを使用しているとの情報を見て興味を持ったのですが。それよりも、イラスト制作に向かう考え方の方が興味深く、参考になりましたので共有したいと思います。特に模写についての項目はその反省も含めてもっと前に知っていたらなと思いました。

【事前調査】「レイヤーをコピーして、複数のレイヤーへグループ化するってできるの?」って話

Photoshopでレイヤーをコピーして、複数のレイヤーへグループ化するってできるのか?を調べてみました。今回は事前調査まで。スクリプトを作ることで解決できそうです。

「写真で作る風景イラスト」から写真との違いやイラストらしさを学ぶ

フォトバッシュの書籍は読んだことがありましたが、写真加工でイラストを作るとは?実際の書籍を手にとって、表紙を見てみると思った以上に手描きのイラスト。どのへんをどこまで加工してるの?どのくらいの手間なの?制作のヒントは得られるかな?と読んでみました。

「入稿データのつくりかた」で印刷物制作の基本を学ぶ

普段はフルデジタルで制作を行っています。同人誌の制作を考えた際、デジタル原稿から印刷物を作るときには、どんな工程があって、どんな用語でのコミュニケーションが必要なのかが気になり読んでみました。全くの初心者でしたがわかりやすい一冊ですね。次の印刷物制作の際にも頼りになりそうでうす。

「アジアンファンタジーな女の子のキャラクターデザインブック」から民族衣装の情報をシンプルに整理する例えを学ぶ

情報量の多い民族衣装の整理の仕方がとても参考になりますね。オリエンタルなイラストのデザインに興味がありましたら、良い参考資料になると思います。

小ロットから制作を頼める「ONEBOOKS」へ依頼して、画集を作ってみました

過去作品をピックアップして画集「0.1 Illustration Log Vol.1」を編集しました。1冊から注文できるREDTRAINの「ONEBOOKS」サービスでの印刷結果について共有します。