「GRID やり抜く力」から習熟の段階におけるフィードバックの種類を考える

「やり抜く力は瞬発力ではなく持久力」では、その持久力をどうやって身につけていけばいいのか?やり抜く力の強い人達は共通する段階を踏み、興味を育て、ネガティブなフィードバックも得る意図的な練習を続けている。イラスト制作が辛くなってしまうのは、習熟の段階とフィードバックがあっていないのかもしれません。

【WordPress】アーカイブページの記事一覧の上に固定ページを表示させます

【WordPress:Twenty Sixteen】パンくずリストを実装した場合はアーカイブページの表示回数が増えそうです。一覧性を改善すればそのまま使えそうですが、柔軟な情報表示ができる用にアーカイブページを改修したいと思います。

【WordPress】「Twenty Sixteen」テーマのアーカイブページの一覧性を改善します

0.1upprojectはWordPressの標準テーマ「Twenty Sixteen」を基礎にしています。初期のアーカイブページは1記事の縦幅が広すぎて一覧性が悪いので改修したいと思います。カテゴリベースでパンくずリストを表示する場合にも、整備したほうが良さそうですね。

「いちばんやさしい新しいSEOの教本」から学ぶ文章でのコミュニケーション

SEOの最適化というのは設定関係の最適化だと思っていました。違ったんですね。対面でのコミュニケーションができない状態で、いかに訪問者の疑問を解決できるかを考えること。SEO対策は質問もできない、時間も合わせられない。そんな制限の多いサイト記事でコミュニケーションを考えることだったんですね。

SEO初心者なので、手始めにの「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」を読んでみたって話

週間でのビュー数が増えてきています。訪問は検索エンジンからが多そうです。どんなキーワードで検索されているのかと確認すると、自分の予想とは違う記事が多く閲覧されていました。もうちょっとイラスト関係のキーワード検索に情報を出せないかな?ということで、手始めに検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドを読んでみました。

パンくずリストがほしいので、SEOプラグインをYoast SEOに変更します

パンくずリストがほしいのでWordpressのSEO対策プラグインをAll in one seo packから「Yoast SEO」変更します。移行自体は簡単ですが、いくつか確認事項が会ったので共有します。

過去作品の再発信に向け、WordPressの投稿タイプとパーマリンク変更の手順をまとめました

自分の作品を知ってもらう機会を増やしていきたいと考え、Wordpressで仕組みが作れないかを調べてみました。過去の記事を定期的に投稿してくれるプラグインがあったのですが、少しサイトの構造を調整する必要がありました。今回はそこで行った構造整理の手順を共有したいと思います。

WordPressのプラグイン「Internal Link Building」を有効にするとエラー出るので修正してみた。

日本語にも対応しているキーワードへのリンク挿入プラグイン「Internal Link Building」。いざ有効にしてもエラーが出て上手く動かない。で、修正方法がわかったのでまとめます。