0.1up projectでは厚塗りでのイラスト制作を行っております。
技術向上の為に得た情報やそこからの実践結果を共有したいと思います。

厚塗りイラストの描き方

火の描き方

火の描き方

炎というよりは、ちろちろと燃える小さな火の描き方です。派手さはありませんが、ちょっとしたアクセントに使えて便利です。 火 ...
続きを読む
翼の描き方

翼の描き方

モチーフとして天使が好きなので、取り組む機会が多いモチーフです。個人的には単純に描くことが楽しいですね。 今回は構造的な ...
続きを読む
Loading...

イラストの描き方・参考書籍

wp_seo_bookreview

「”主線なし”イラストの描き方」からコントラスト設計の重要性を学ぶ

今回はア・メリカさんの「“主線なし”イラストの描き方」を拝読しました。 日本では線画を軸にしたイラストが主流となります。 ...
続きを読む
wp_seo_bookreview

「写真で作る風景イラスト」から写真との違いやイラストらしさを学ぶ

今回はさけハラスさんの「写真で作る風景イラスト」を拝読しました。 本書は写真を加工して背景イラストを作る方法を提案してい ...
続きを読む
Loading...

ラフはどこまで描くべきか?

ラフはどこまで描くべきか?そもそも必要なのか?そんな疑問を見かけることがあります。私も何とはなしに「自分が納得できるまで」と思っていたのですが、手ごたえのあった制作とそうでないものを比べてみると、明確な差がありました。結論から言えば「完成形イメージが見えるまで」です。

『色塗りチュートリアル』から効率的なレイヤー調整と効果の使い方を学ぶ

アニメ的なデフォルメに加えて立体感のあるイラスト。韓国の方に多いイメージがありますね。立体を作る基本である光と色の関係をイラスト中心に学べる本です。効率化の点で調整レイヤーとレイヤー効果を使っての補助光を作るテクニックはとても参考になりました。解説はPhotoshopですがほかのツールにも流用可能な内容だと思います。

構図:要素と余白の関係性(未来)

一般的に余白は何もない場所や空間を指しますが、時間や心理状態を暗示するためにも使うことができます。今回は視線を持つ要素と余白のセオリーから始め、余白がどのように心理状態を示すかを見ていきましょう。

構図:要素と余白の関係性(障害物との位置関係)

動きと視線を持つ要素は、視線の先に余白があるとそこに向かうよう印象になります。一般的に余白は何もない場所を指しますが、画面上の大きな単一の要素も余白として働くことがあります。今回は壁を題材にその余白としての印象を見ていきましょう。

構図:要素と余白の関係性(目的地を目指す)

動きと視線を持つ要素は、視線の先に余白があるとそこに向かうよう印象になります。一般的に余白は何もない場所を指しますが、空や地面などが開けた状態であればそこも余白になります。今回はそんな余白(目的地)と要素の位置関係から受ける印象の違いを見てみましょう。