火の描き方

厚塗りでの火の描き方をまとめてみました。炎というよりは、ちろちろと燃える小さな火の描き方です。戦闘背景などでアクセントとして使えるので、描き方を知っているとなかなか便利な要素ですね。動画もあるので見てみてください。

炎というよりは、ちろちろと燃える小さな火の描き方です。
派手さはありませんが、ちょっとしたアクセントに使えて便利です。

火の描き方のポイント

火の描き方のポイント
火の描き方のポイント
  • STEP1
    火全体の動きやうねりを検討します。この段階では火の形は適当です。
  • STEP2
    消しゴムで消しながら、火の形に角を出します。
    全体の調子を見ながら、足したり引いたりを繰り返します。
  • STEP3
    レイヤー効果を使いながら、色にムラを出していきます。
    偶然の出会いを大切に。
  • STEP4
    周辺の環境に合わせて調整します。

火の描き方・まとめ動画

YouTube channelに動画を準備していますので、そちらもご参照ください。


この断片があなたの星へ続く道を、少しでも照らすことを願って


制作した作品群を「GALLERY」へまとめていますので、ご参照いただければと思います。


イラスト制作の依頼先をご検討中ですか?
CONTACT」にてご相談お待ちしております 。

投稿者: 0.1

イラストレーター/0.1up project著者 厚塗りで「存在感や重さ、質感による説得力」のあるイラストを目指しています。 日本では線画をベースとしたイラストが主流ですが、そこから外れたモノもイラストの世界を広げる為に必要だと考えています。「世界観にもう一味試したい」そんなときには、ぜひお声がけください。

コメントを残す