光と影を描く際の色の選び方

色選びのここまでのまとめです。

魅力的なイラストを観ていると、1つのモノの中でも光があたる部分、影に入る部分で、使われている色に幅があるんですよね。

そんな画面を自分でも作れるようになりたいと考え、試行錯誤してきました。
一旦説明ができそうなところまで、情報が整理できましたので、まとめます。

サンプルは厚塗りで描いていますが、色相のずらし方、色の幅の作り方は、他の塗り方にも応用が効くと、考えています。

また、光源設定については最後にまとめています。

“光と影を描く際の色の選び方” の続きを読む

透過光の描き方

透過光を描く際の、ポイントとまとめ

透過光を描けるようになると、表現の幅が広がります。
ここでいう透過光は、素材が半透明ということではなく、布や葉っぱなどを、光にかざして見える、色のことです。

描き始めた頃は、難しいと感じていましたが、考え方を整理してみると、ルールは意外とシンプルでした。

メイキング動画も作ったので、そちらも参照してもらえると幸いです。

“透過光の描き方” の続きを読む

火の描き方

火の描き方の、ポイントとまとめ

炎というよりは、ちろちろと燃える小さな火の描き方です。

火の描き方のポイント
火の描き方のポイント

翼の描き方

翼の描き方の、ポイントとまとめ

構造的なところではなく、どう考えて塗っていくか?というまとめです。

翼の描き方のポイント
翼の描き方のポイント