【お知らせ】「幻想藝術考11」へ参加します。【2020年07月14日(火)~京都・東山】

Gallery Sorath(ギャラリーソラト)さんにお誘いいただき「幻想藝術考11」展へ参加します。既存の作品から選んで展示予定です。

「ピラニア」

いいか。水中で奴らに見つかっても決して慌てるな。
例え目が合っても、奴らは思いのほか慎重だ。こちらを伺っているうちはまだ大丈夫だ。
できるだけ音を立てず、ゆっくりと距離をとれ。
単独なら見た目ほど好戦的じゃない。そのまま岸へ逃げられるさ。

「星喰」

2020/05/09~17 – 23h

クソ、なんでこんなにもなるまで放っておいたのだ!

あの小さな星屑を喰らっているうちはまだマシだ!こっちに降りてきちまったら、取り返しがつかなくなるぞ…。

は!泣き言はそこまでにしようや。つまるところ、ここで食い止めれば問題ないってことなんだろ!
…さぁ、征こうか!!

「海底探窟家」

タコさん:タコの人魚・好奇心旺盛・狭いところ大好き
海底資源探索チームのエースダイバー。むかしは趣味で、今は仕事で潜っている人。穴を見つけると好奇心に導かれるまま潜っていってしまうので、よく上司から「ブリーフィングくらい出ろ」と怒られる。浮上後すぐに連絡が取れる様に耐水耐圧の通信機が支給されたが、海の中で出るので「ごぼごぼ言っててわからねぇよ」と、専用の潜水装備が開発されていつでもブリーフィングに出られる様になりました。海底からでも海上基地とデータのやり取りができて便利。探索範囲も格段に広がりました。装備のシルエットが完全にタコ型なのは開発部の遊び心。