構図:対立の関係での印象(上下左右を組み合わせた印象)

上下左右の基本的な流れはそれぞれ単独ではなく、組み合わさって働いている場合が多くあります。今回は基本は左右の配置となる対立の関係の印象に、上下の配置を組み合わせた場合の印象の変化を見ていきましょう。

構図:服従の関係での印象(上下左右を組み合わせた印象)

上下左右の基本的な流れはそれぞれ単独ではなく、組み合わさって働いている場合が多くあります。今回は上から下への自然的な流れ、下から上への抵抗の流れに、右から左への肯定的な流れが組み合わさった場合にどのような印象になるかを見ていきましょう。

構図:「勢い」の印象から考える構図と配置

確認してきた画面に感じる基本的な流れについて、結局どれが一番強く、どれが一番弱いのでしょうか?今回は「勢い」という点から情報を整理し、一旦まとめたいと思います。

構図:左上・左下から右への流れ(基本の流れの組み合わせ)

上下左右の基本的な流れはそれぞれ単独ではなく、組み合わさって働いている場合が多くあります。今回は上から下への自然的な流れ、下から上への抵抗の流れに、左から右への心理的抵抗感に逆らうな流れが組み合わさった場合にどのような印象になるかを見ていきましょう。

構図:右上・右下から左への流れ(基本の流れの組み合わせ)

上下左右の基本的な流れはそれぞれ単独ではなく、組み合わさって働いている場合が多くあります。今回は上から下への自然的な流れ、下から上への抵抗の流れに、右から左への肯定的な流れが組み合わさった場合にどのような印象になるかを見ていきましょう。

構図:左から右への流れと関係性

人は自分から見て左手側から現れるものにネガティブな印象を持ちやすくなります。左手側は多くの人に取って心臓から近く、利き手であることも少ないため心理的抵抗が強くなります。この心理的抵抗は、左から右への流れの勢いを削ぎ、関係性でも劣勢に押しやります。

構図:右から左への流れと関係性

人は自分から見て右手側から現れるものにポジティブな印象を持ちやすくなります。右手側は多くの人に取って心臓から遠く、利き手でもあるため心理的抵抗が少なくなります。この心理的抵抗の少なさは、右から左への流れに肯定感を与え、関係性でも優位を与えます。

構図:下から上の流れ

モノは上から下に動く。これは「モノが下に落ちる」という自然の法則から連想される印象です。この小さな印象は、イラスト上で動きを作るだけではなく、配置されたモノの関係性にも影響を与えます。今回は、上から下への流れと関係性について解説していきます。

構図:上から下の流れと上下の関係性

モノは上から下に動く。これは「モノが下に落ちる」という自然の法則から連想される印象です。この小さな印象は、イラスト上で動きを作るだけではなく、配置されたモノの関係性にも影響を与えます。今回は、上から下への流れと関係性について解説していきます。

人は画面や絵を見た時の印象を、心臓の位置から感じている

キャラクター配置の印象で右が優勢・左が劣勢というものがあります。何度か目にしてはいたのですが「そう感じるでしょ?」と言われても首をかしげていました。複数のキャラクターを配置する場合、画面の左右は重要な位置です。なぜ人はそう感じるのか?その答えは心臓の位置にありました。