「金貨の騎士」

2019/02/28 ~ 03/17 – 22h

「金貨の騎士」2019/02/28 ~ 03/17 - 22h
「金貨の騎士」2019/02/28 ~ 03/17 – 22h

明るい画面での制作が続いていたため、暗い画面を描きたくなっての制作です。

自主制作では、彩度を抑えた制作をしていたのですが、関わった制作案件では、彩度の高い色を使うことも多かったです。その経験を活かすことを意識し、制作を進めました。


制作を振り返ると、2つの反省点がありました。


1つ目は、「高彩度の色に振り回された」と、いうことです。

今回の制作は、展示を目的としています。

描き込みを終え、印刷確認をしてみると、画面上ではきれいに出ていた彩度のグラデーションも、思った以上に潰れ、立体感が薄れていました。

画面と印刷では、表現できる色の範囲が異なるので、高彩度の色を使う場合には、より注意が必要ですね。

以前に比べると、明暗差は作れる様になっているので、今後は彩度差も作ることを意識して、制作していきたいと思います。


2つ目は、「描き込みの確認は、印刷して行う」と、いうことです。

画面での確認を終え、印刷してみると、思った以上にエッジの調整が荒いと危機感を覚えました。

厚塗りは境界を曖昧に描けることが、強みですが、他がしっかりと描かれているから、活かせる方法です。

イラストの質を上げていくためにも、印刷しての確認を続けて行きたいと、思います。

投稿者: 0.1

イラストレーター/0.1up project著者 厚塗りで「存在感や重さ、質感による説得力」のあるイラストを目指しています。 日本では線画をベースとしたイラストが主流ですが、そこから外れたモノもイラストの世界を広げる為に必要だと考えています。「世界観にもう一味試したい」そんなときには、ぜひお声がけください。