「問う」

2019/03/22 ~ 30 – 25h

「問う」2019/03/22 ~ 30 - 25h
「問う」2019/03/22 ~ 30 – 25h

「幻想藝術考6」展に向けて、もう1点描きたいと思い、しばらく描いていなかった天使をモチーフに入れての制作です。


制作を振り返ると、今後の制作に活かせることが2点ありました。


1つ目は、「カラーラフ段階で印刷確認を行えば、効果的に制作を進められる」、ということです。

展示用だったため、製作中に印刷確認を、何度か行いました。
その都度感じたのが、「視線が誘導されやすい場所が見つけやすい」ということです。

これまで、印刷確認は描き込み後に行っていました。
ディスプレイでの確認では良いとした場所も、印刷してみると描き込みが多く、見直して捨てるということもありました。

印刷を視野に入れるものは、早い段階から印刷確認をするほうが、制作効率を上げられそうですね。


2つ目は、「画面全体は彩度を抑え、ポイントで彩度を上げる」、ということです。

今回の制作では、画面の手前を暗く、奥を明るくしたかったので、白い天使の衣装は明暗差を作りにくい状況になっていました。そこで、明度だけではなく、彩度の差をより意識し、目立たせたい場所では、彩度を上げる様に調整しました。

今回のことを応用すれば、白いモチーフをきれいに描けそうですね。

投稿者: 0.1

イラストレーター/0.1up project著者 厚塗りで「存在感や重さ、質感による説得力」のあるイラストを目指しています。 日本では線画をベースとしたイラストが主流ですが、そこから外れたモノもイラストの世界を広げる為に必要だと考えています。「世界観にもう一味試したい」そんなときには、ぜひお声がけください。