「ヒグチユウコ展 CIRCUS」へ行ってきたよって話

世田谷文学館で開催されていたヒグチユウコさんの巡回展「ヒグチユウコ展 CIRCUS」へ行ってきました。ひとつめちゃんがかわいかったです。

世田谷文学館で開催されていた「ヒグチユウコ展 CIRCUS」へ行ってきました。

最終日なので、空いているかな?と思ったのですが、開館直後でも大勢の方が来場されていました。女性が好みそうな印象でしたが、老若男女問わずという感じでしたね。


ヒグチユウコさんのことは今回の巡回展ではじめて知りました。

展示案内にあったイラストが素敵だったので、ぜひ本物を見てみたいと思ったこと、東京での展示は、本日が最終日だったこともあり「これは行かねば」と。

巡回展ですので、気になる方はリンク先の展示案内をご確認ください。
ヒグチユウコ展 CIRCUS


リアルでも愛嬌があるから、怖さと可愛さが同居する

展示案内の第一印象は「可愛いキャラクター」でしたが、モチーフやキャラクターの描き方は、思っていたよりも詳細で、リアルでした。

しかし、キャラクターたちの顔には愛嬌があり、モチーフの組み合わせもあって「だんだこれ?」という面白みが生まれると感じました。

また、構成の中に「Horror」があり、その雰囲気を出せるのも、リアルな描き方をされているからこそだと思います。
モチーフの中にはグロテスクなモノもありましたが、血なまぐさいわけではなく、冷えのような、通った怖さを感じました。


目の描き方が、共通して可愛らしかった

動物・少女・奇怪生物といろいろ描かれていましたが、全体の可愛らしさは目の描き方にありそうです。

展示はテーマで別れていましたが、どのテーマのキャラクターも、目が可愛いんですよね。そこが作品全体の印象を牽引しているのだろうなと。

改めてキャラクターを作る上で目の力は強いなと感じました。

ひとつめちゃんがカワイイ。


陰影の描き込みが、表情豊かだから、色は淡くても十分

実際の作品を拝見していて気づいたのは、着色は淡い色が多いことでした。それでも、イラストとしての印象は薄れていないということに、驚きました。

最近の自分の制作では、彩度が高く、濃い色を使うことを意識していたので、余計にそう感じたのかもしれません。

画材の表記は見えなかったですが、細いペンで描かれていると思います。
活版印刷時代の、エッチングで作られた挿絵に、近い印象でした。

陰影も線で描かれているので情報量が多く、淡い色でも印象が薄れないのだと思います。

「陰影に表情をもたせる」というのは、あまり考えたことがなかったので、気になりますね。ちょっと習作を作ってみようかなと思います。

良い刺激をいただきました。ありがとうございます。

まとめ

リアリティの中にも、キャラクター性は乗せられる

更新履歴

  • <2019/04/01>表現方法一部修正

投稿者: 0.1

イラストレーター/0.1up project主催者 イラストは厚塗りで制作しています。 厚塗りは、他の手法に比べ、「存在感や重さ、質感による説得力」をより表現できるツールと考えています。 漫画をベースにした、現環境では主流から外れていると思いますが、世界観を広げる為には、厚塗りの要素もスパイスになるのではないでしょうか。 「世界観にもう一味試したい」そんなときには、ぜひお声がけください。